FC2ブログ

S.U.G.I (エス.ユー.ジー.アイ) - ICTコンサルタントのブログ

ICTコンサルタント『S.U.G.I』のブログです。得意分野は、業務改善、ブログお引越し支援、セキュリティ対策、盗聴盗撮調査、クラウド導入支援(GoogleApps,AmazonEC2,Salesforce)、自治体ICT化です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

次世代のIT業界肩書き

昨日、経済産業省の会議に出席してきました。

我が国の経済を長らく覆う「閉塞感」の背景には、経済状況の構造的な行き詰まりがあります。

・第一が「企業戦略・産業構造」の行き詰まり

・第二が「就業構造」の行き詰まり


そして、この2つの行き詰まり打開のため、「国家としての成長と個人の豊かさを再接合」し、「成長のための成長」ではなく「豊かさを実感できる成長」へ転換することを産業構造審議会では提案しています。

こうした中で、従来のITが既存の産業のビジネスの効率化を主に追求してきたのに対し、最近では、電力とITの融合によるスマートグリットなどに見られるように、ITはIT関連産業の枠を超え、他産業・分野との融合によってイノベーションを起こし、新たなサービスを創造する役割を担いつつあります。
このような異分野とITの融合領域においてイノベーションを創出し、新たな製品やサービスを自ら生み出すことができる人材=「次世代高度IT人材」を育成することが喫緊の課題となっています。
そのため、「次世代高度IT人材」の「人材像」、それに求められる「能力/スキル・知識」、育成のあり方を明らかにすることが求められています。

■ 次世代高度IT人材の定義と職種ごとの役割

① 価値発見段階での職種

 「フィールドアナリスト」

価値発見段階では、顧客、市場、データなど様々な分析を行うフィールド及びデータアナリティクスがあるがそれを担う人材

② サービスデザイン段階での職種

 「ITサービスデザイナ」

サービス設計段階では、サービスやビジネスそのものの企画や、ITを活用したサービスの企画・設計などのタスクがあるが、そのうちサービスに係る具体的なサービスの内容を検討する人材

 「ビジネスデザイナ」

サービス設計段階でのタスクのうち、企画されたサービスをビジネスとして成立させる人材

 「ITサービスアーキテクト」

サービス設計段階でのタスクのうち、企画されたサービスをITを用いて設計・実装し、実現する人材

 「イノベーティブエンジニア」

企画・設計されたサービスを高い技術力を活用して、差別化できる独自性の高いITサービスを実現する人材


あなたの会社の名刺に書いてある肩書きも上記を鑑みて変えてみたら如何でしょうか?
スポンサーサイト

非コミュのオタク技術者ではキツイ時代に

当たり前の話ですが、いくら特定の開発言語に精通しているからといって、先輩、上司、コンサルタント、営業、あるいは顧客が要求するものが作成できなければ自身の知識は活用されることなく、全くもって無駄なものとなってしまうってことです。

開発言語を覚える努力をするよりも先に、日本語能力、コミュニケーション能力を習得すべきでしょうね。
そもそも初対面や会話しようとして感じ悪かったり話が続かなかったりしたら誰でもそれより先の話なんてする気が失せて本音や大事な内容なんて話すわけ無いです。

特にクラウド時代のSIerに要求されるのは従来のような高度な技術力とは異なってきており、顧客の問題をいかに早く理解し課題を発見できるか、解決策を提示するか、というコミュニケーションと提案能力の重要性が高まっています。

また、クラウドを導入するメリットを顧客に説得的に分かりやすく伝えることが出来、既存のサービスを組み合わせたり調整したりして、全体として顧客の課題やニーズにあったサービスを実現できる能力も必須です。

正に ソムリエ です。

S.U.G.I

時代に合わせたセキュリティ・ポリシーが必要

会社のポリシーに違反する「BYOD社員」が深刻な問題に – ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1206/21/news070.html

数多の企業が掲げている社内から特定サイトへのアクセス禁止というポリシーは悪い影響の方が多いと思います。
1%の不届き者対策に99%の人間が引きづられて有益なビッグデータを引き出せないなど愚の骨頂でしょう。
「社内統一のセキュリティー対策」という概念が古く、どういったアクセス権限を与えるかに頭を使うべきです。
極端な話Hなサイトを見たい奴はトイレに篭ってスマフォで見るので無意味です。

企業側で注力を注いで考えるべきは、最悪事故が起こった場合を想定して、責任範囲や処遇などを社内規定で明確にしておく事です。

社員の過失で最悪事故があった場合、個人私有端末の管理責任として、損害賠償の大部分を個人が負担することも当然ありえますが、それは致し方無いと思います。

S.U.G.I

一億総データセンタの時代へ・・・

レンタルサーバーで「大規模障害」 重要データが消失、企業に衝撃走る : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/06/22136778.html?p=all

ウチらクラウド事業者としてはいい迷惑・・・
って最初は思いましたが、逆風では無く追い風になりますね。

弊社はSalesforceやGoogleやAmazonさんとのビジネスですが、結局大手で金をかけて「安心・安全」を確立している会社に顧客が流れる契機になるんでは無いかと。

あと、ふと思いましたがP2Pが見直される契機にもなるのかな。

今、街を歩けば皆「大容量のストレージ」を持って歩いてるんですよね。
家のテレビには恐ろしいほど大容量の外付けストレージを繋げている。
これを活用しない手は無いですよね。

例えば、空いている場所を貸してくれたら**を割引するとかのインセンティブを与える。

正に一億総データセンタ!

まあその為には絶対のその部分は事業者以外触れられないような万全のセキュリティ対策が必須ですが・・・。

新しいビジネスが生まれる予感がします。

S.U.G.I

犬好きの顧問

今回は、ちょっと毛色の違ったお話を・・・

友人である徳力基彦氏が経営するアジャイルメディア・ネットワーク株式会社が主催する「「ファン」でつながるファンサイト Fans:Fans」のイベント「希少犬種オーストラリアン・ラブラドゥードルと触れ合おう!レイクウッズガーデンひめはるの里ご招待ブロガーイベント」に参加してきました。

ニチイさんが有料老人ホームにドッグセラピー犬を派遣するシステムをはじめます。

そのセラピー犬に選ばれたのが日本では希少で頭数が少なく毛が抜けにくくアレルギー98%出なくて臭いがなく人懐っこい犬であるオーストラリアンラブラドゥードルです。
希少犬種ゆえブリーダーがいなく繁殖する場所がないため、㈱ニチイグリーファームから預かり、ヒート時期をみて年1回、5年間千葉のレイクウッズガーデンひめはるの里に届けるというシステム。
その後、条件をクリアすると無料で預かりさんにワンちゃんを譲渡される仕組み。

この犬種は2009年、バラク・オバマ米国大統領の娘さんが、アレルギーを理由にファーストドッグの候補とした所からも注目を集めています。

イベントのスケジュールは11時頃にバスが到着、登録するにあたっての説明、昼食(ピタが2つとドリンク付)後、今登録して預かりをしている人の話しが12時30分頃までありその後はバス出発までの4時まで自由行動というスケジュールでした。

その自由行動の時間内に園内に多数飼われているオーストラリアンラブラドゥードルに触れ合う時間が設けられていて、短い時間ではありましたが楽しく過ごしました。

世界では、アレルギーフリーの介助犬・セラピードッグとして大活躍のオーストラリアン・ラブラドゥードルですが、現在98%がアレルギーフレンドリーとされ
ハワイでは自閉症の子供たちのセラピードッグ、オランダやテキサスでは体の不自由な人の介助犬として活躍しています。

アジャイルさん、楽しい時間ありがとうございました。

話は変わりますが、現在、先日の大震災で被災し家族を失ったミニチュアピンシャーを一時預かりしています。
ボランティア活動は今まで色々と行って来ましたが、命あるものを預かるということは責任もあり、やりがいもあります。

復興支援にどんな形でも関わるのが日本国民の責務であると感じています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。